特集
««記事一覧へ
  • 現実的な円安の見方 その2

     市場はオーバーシュートするのは常なので、それが行きすぎたら為替介入するのか、というと、国内のドルの準備高には限界があるため、「介入は難しい」と榊原氏。  確かに、榊原氏が実施した円高の頃の為替介入は、相場への影響は大きかった。 途半端な介入では効果が出ないことは、素人でも想像はつく。  すると、急激な円高への対策としては、「金利を上げるしかない」と榊原氏。  金利を上げるといっても、日銀の黒田総裁が引退したあとの来年になるらしい。

    元財務官の榊原氏「為替介入は難しい」 円20年ぶり安値: 日本経済新聞

    外国為替市場で急速な円安・ドル高が進んでいる。13日に円相場は1ドル=126円台に下げ、2002年5月以来およそ20年ぶりの安値をつけた。日本の金融危機で北海道拓殖銀行や山一証券が破綻し、アジア通貨危機に見舞われた1997、98年に財務省・日銀は円買い介入に踏み切っていた。当時の財務官で「ミスター円」と呼ばれた榊原英資氏に、止まらない今の円安に対し通貨政策はどうすべきかを聞いた。「米国は引き締め、日本は緩和」の異常な状態"/