特集
««記事一覧へ
  • 小惑星リュゥグウが売れるなら売ればいいのに

     あの小惑星のリュウグウが10兆円だって。日本に売る権利があるのなら、売って、宇宙開発費に使えばいいですね。

    宇宙新時代:小惑星リュウグウ「値付け」10兆円 見え始めた宇宙の「ゴールドラッシュ」 - 毎日新聞

     早ければ秋の臨時国会で、企業が「宇宙資源」を採掘する権利を認める法律案の議論が始まる見通しになった。宇宙資源とは、文字通り、月や小惑星など地球以外の天体にある資源のこと。水や鉄、レアメタルが豊富にあるとされる。米国のベンチャー企業は、日本の探査機「はやぶさ2」が訪れた小惑星リュウグウに10兆円近い